ネラベの電脳書庫

Nerabe Cyber Library

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年もあっと言う間に10月半ば…
早いものです

というわけでこんにちは
寒さと忙しさが2割増し(当社比)なこの頃です

最近はゲームの発売ラッシュが続いているため、財布の中はとっくに極寒ですよ……
その上遊戯王関係でも湯水の如くバンバンお金が消えていくもんですからまぁ大変

昼飯が少なくなりました
さてさて
昨今ライトノベル界が徐々に変化しつつありますね

ゼロの使い魔」や「シャナ」といった大物タイトルがフィナーレを迎えつつ、続々と新しい形のラノベが登場しつつあるのは、嬉しくもあり悲しくもあり……

新しく登場しているラノベが、これら大物タイトルの「二番煎じ」になってしまいがちなのが、少しばかり気がかりです

以前ラノベの賞に投稿した際、私は「独創性がもう少し欲しい」と評価されました
確かに現在のラノベは独創性の強いものが多いですが、似通ったものも多い気がするのです
「学園系」「妹系」辺りは最早飽和状態でネタ切れが凄まじいですよね

ラノベは常に、「過去の作品をどこまでお手本にするか」と「どこまでが『独創性』でどこからが『作者の一人よがり』なのか」と闘っているわけで

ビッグタイトルが終わったあと、どのような独創性を持ったラノベが登場するのか……
楽しみです












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nerabe.blog57.fc2.com/tb.php/126-47a729c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。